埼玉県熊谷市

埼玉県熊谷市を、ご存知ですか?

詳しく知らないんで、調べてみました。

熊谷市は、埼玉県北部地区を代表する人口約20万人の市で、特例市・業務核都市(深谷市と一体指定)・景観行政団体・特定行政庁に指定されていますよ。

熊谷市内には国道17号をはじめとする4本の国道(および各線の計6つのバイパス)、9本の主要地方道、上越新幹線をはじめとする3本(JR上越新幹線・JR高崎線・秩父鉄道秩父本線)の鉄道路線が通過しており、交通の要衝としての役割を果たしていますよ。

熊谷市の人口は県内第9位ですが、農業産出額県内第2位、商品販売額県内第3位、製造品出荷額県内第4位であり、埼玉県北部における経済上の一大拠点をなしていますよ。

2005年10月1日に熊谷市と大里郡妻沼町、同郡大里町が合併(新設合併)し、新たに熊谷市が設置されましたよ。また、2007年2月13日には大里郡江南町を編入し、埼玉県北部では初の20万人都市となったことにより、諸手続きを経て、2009年4月1日に特例市の指定を受けましたよ。

熊谷市は1990年代以降、夏の気温の高さが全国的に知られるようになり、2007年8月16日には岐阜県多治見市とともに日本国内の当時の(2013年8月12日まで)観測史上最高気温となる40.9℃を観測したほか、月別最高気温や猛暑日数などの多くの最高記録が観測されていますよ。首都東京に近く、歴史的に古くから熊谷という地名が知られていることも相まって、“猛暑の本場”として、メディアに取り上げられる頻度も高いですよ。

熊谷市は夏場の高温・猛暑に関する多くの最高記録が観測されていますよ。熊谷が高温となるのは、海風に乗り北上してくる東京都心のヒートアイランド現象により暖められた熱風と、フェーン現象によって暖められた秩父山地からの熱風が、一般的に日中の最高気温となる午後2時過ぎに同市の上空付近で交差するためだと考えられており、熱風の交差点と呼ばれることもありますよ。

熊谷市は冬場においては、冷たく強い北風(赤城おろし)が吹くとともに朝は氷点下まで冷え込む日も多く1月の平均最低気温は-0.7℃となっていますよ。一方で、降雪が観測される日数は関東の中でも少ない部類に入りますよ。

熊谷市は埼玉県の北部、荒川扇状地の東端に位置し、県庁所在地であるさいたま市から北北西約45km、東京都心から北西約60kmの距離にありますよ。

熊谷市域の約3分の2が北端の利根川と南側の荒川とに挟まれた地域であり、ほか約3分の1が荒川の南側に、残りの一部が利根川の北側にも及びますよ。このうち荒川左岸に接する地域に中心市街地がありますよ。熊谷市の人口はほぼ均衡状態にありますよ。

熊谷市の経済については、市内純生産額 6034億9700万円(2004年度、当時の1市3町の合計)で、産業別就業者数は、第1次産業 4,435人、第2次産業 27,927人、第3次産業 67,359人ですよ。

熊谷市の年間商品販売額は 8144億4500万円(2004年度)で、さいたま市、川越市に次ぎ県内第3位ですよ。

熊谷市の事業所数は2,545で、このうち卸売業は672事業所、小売業は1,861事業所となっていますよ。年間商品販売額のうち、卸売業が5953億円、小売業が2,191億円ですよ。

熊谷市にある大型店舗として、百貨店や駅ビル、駅直結型ショッピングモール、ロードサイド型ショッピングモールが存在しますよ。八木橋百貨店、駅ビルアズ熊谷、ティアラ21、ニットーモール、熊谷片倉フィラチャー(イオン熊谷店、他)、ビッグベア(西友、トイザらスを核店舗とする)、イール妻沼(カスミやコメリを核店舗とする)がありますよ。

熊谷市にある家電量販店として、テックランド熊谷本店、コジマ×ビックカメラ熊谷店、PC DEPOT熊谷店、でんきち熊谷本店、ノジマ熊谷ニットーモール店、ケーズデンキがありますよ。

熊谷市にある映画館として、シネティアラ21とイオンシネマ熊谷の2つのシネマコンプレックスがありますよ。

熊谷市にあるスーパーマーケット、ホームセンターとして、市内には20店舗余りのスーパーマーケットが存在しますよ。イオン・ベルク・カスミ・いなげや、ヤオコー、マミーマート、さいたまコープ、西友、ケーヨーデイツー、セキチュー、コメリがありますよ。

熊谷市にあるホテルについては、熊谷駅・籠原駅周辺にビジネスホテルを中心に多少のホテル・旅館が点在しますよ。スマイルホテル熊谷、ホテルシティーフィールドかごはら、サンルートホテルガーデンパレス、ホテルサンルート熊谷駅前、マロウドイン熊谷、熊谷ロイヤルホテルすずき、キングアンバサダーホテル熊谷、リゾートホテル四季(とき)の湯温泉ホテルヘリテイジ、ラドン温泉のメヌマラドン温泉ホテルがありますよ。

熊谷市の工業については、製造品出荷額7361億6322万円(2004年度)で、狭山市、川越市、さいたま市に次いで県内第4位ですよ。

熊谷市の製造業に属する事業所数は754ありますよ。主な工業団地として、熊谷工業団地、上之工業団地、御稜威ヶ原工業団地、妻沼東部工業団地、妻沼西部工業団地、船木台工業団地などがありますよ。

熊谷市にある主な企業として、能美防災メヌマ工場、太平洋セメント熊谷工場、リケン熊谷事業所、MSD(元万有製薬)妻沼工場、ニコン熊谷製作所、富士通熊谷工場、日立金属熊谷工場・熊谷製作所、日本山村硝子埼玉工場、JFEエンジニアリング熊谷、日清シスコ東京工場・開発研究所、ゼリア新薬工業埼玉工場、ハイアールアジアR&D本社、他、がありますよ。

熊谷市に本社を置く主な企業として、アールディーシー、エール学院、熊谷商工信用組合、熊谷通運、クレーマージャパン、国際十王交通、埼玉縣信用金庫、埼北スイミングスクール、秩父鉄道(秩父鉄道観光バス)、梅林堂、馬車道、北斗交通、松坂屋建材(ダストハイ)、八木橋百貨店、リードがありますよ。

熊谷市の農業については、農業産出額 120億4000万円(2005年、農林業センサスより)で、深谷市に次いで、県内第2位ですよ。市街地や住宅地、一部の丘陵地帯を除いた6,128ヘクタール (38.3%) の土地が耕地として利用されていますよ。

熊谷市では現在、地産地消を促進するため、熊谷のブランド農作物を育てる動きがあり、小さな野菜ミニくまをはじめ、地元産の小麦による熊谷うどん、妻沼ねぎなどの生産が意欲的に進められていますよ。なお、農業生産額のうち妻沼ねぎをはじめとする野菜が44%を占め、次いで米が23%、麦類が10%、生乳などその他が23%を占めますよ。

熊谷市にある住宅団地として、埼玉県住宅供給公社 熊谷下奈良住宅、雀宮団地、肥塚団地、熊谷伊勢町住宅、熊谷下奈良住宅、熊谷玉井住宅、熊谷銀座住宅、他、がありますよ。

熊谷市にある大学として、立正大学(熊谷キャンパス)がありますよ。

熊谷市にある主要な公共施設(市立または市管轄)として、熊谷市立図書館(熊谷図書館・熊谷図書館熊谷駅前分室、妻沼図書館、大里図書館、江南図書館)、熊谷市立文化センター(熊谷図書館・郷土資料展示室、プラネタリウム館、文化会館)、熊谷文化創造館 さくらめいと、熊谷市民体育館、熊谷保健センター、妻沼保健センター、大里保健センター、江南保健センター、熊谷運動公園、熊谷市立荻野吟子記念館、星渓園、熊谷市ムサシトミヨ保護センター、熊谷市スポーツ・文化村くまぴあ、他、がありますよ。

熊谷市にある主要な公共施設(県の出先機関)として、埼玉県立熊谷図書館、埼玉県立熊谷点字図書館、熊谷児童相談所、消費生活支援センター熊谷、埼玉県立循環器・呼吸器病センター、総合リハビリテーションセンター熊谷分室、熊谷スポーツ文化公園(熊谷ラグビー場、陸上競技場、くまがやドーム)、他、がありますよ。

熊谷市にあるバスについては、バスターミナルと呼ばれる施設は設けられていないが、市内を走る大多数のバス路線が、熊谷駅北口・南口ロータリー(タクシー・一般と共用)を発着しており、鉄道と同様に熊谷駅が市内におけるバスの中心となる場所と言えますよ。

熊谷市にある一般の路線バスはグループ会社の国際十王交通と朝日自動車が熊谷駅発着路線を承継して運行を続けており、他の地域を市のコミュニティバス(熊谷市コミュニティバスゆうゆうバス、行田市内循環バス)で補完していますよ。

熊谷市にある高速バスは、いずれも空港連絡バスで、国際十王交通が空港側のバス事業者と共同運行していますよ。

熊谷市にある観光バス事業者として、秩父鉄道観光バス、石田観光バス、熊谷観光バス、全友観光バス、大樹観光バス、ビーエム観光、北斗交通、武蔵野交通 熊谷事業所がありますよ。

熊谷市内に高速道路は通っていませんよ。

熊谷市にある公園として、国営武蔵丘陵森林公園(公園北口付近のみ)、熊谷スポーツ文化公園、別府沼公園、熊谷運動公園、妻沼運動公園、荒川大麻生公園、熊谷荒川緑地、めぬまアグリパーク、利根川総合運動公園、妻沼滑空場がありますよ。

熊谷市にある名所として、荒川の熊谷桜堤、星渓園、熊谷寺(ゆうこくじ)、あじさい寺(高野山真言宗能満山能護寺)、妻沼聖天山 歓喜院、集福寺(熊谷市最大の寺院)、文殊寺、重要文化財平山家住宅がありますよ。

熊谷市にある史跡として、宮塚古墳、別府氏墓、別府城跡、中条氏館跡、塩古墳群、とうかん山古墳、甲山古墳がありますよ。

熊谷市にある天然記念物として、元荒川ムサシトミヨ生息地がありますよ。

熊谷市にある旧跡として、秩父道志るべ、吉田右衛門墓、根岸友山墓、奥原晴湖墓、忍領石標がありますよ。

熊谷市の祭事・催事として、籠原夏祭り、熊谷うちわ祭、めぬま祭り、熊谷花火大会、熊谷さくら祭、熊谷さくらマラソン大会、熊谷えびす大商業祭、熊谷市産業祭、全国高等学校選抜ラグビーフットボール大会、聖天山春季大祭 / 秋季例大祭、胎内くぐり、とうろう流し、文殊寺大縁日、選抜高校女子サッカー大会めぬまカップがありますよ。

熊谷市の名物・特産として、五家宝(菓子)、ミニくま(ミニ野菜)、雪くま(かき氷)、いなり寿司、フライ、地酒(直実など)、炭酸まんじゅう、熊谷染、熊谷うどん(武蔵野うどん)、小麦、ねぎ、ニンジン、熊谷笠(クマガイガサ)がありますよ。